食と農家の安全を考える 有限会社アース・ネット(森のめぐみ・竹のしずく・ネオジア・エンドファイト資材 販売)

竹満作(竹粉パウダー)

発酵竹パウダー 竹満作


竹粉パウダー竹満作
画像は旧タイプ10kg袋です

  • 生竹パウダー 
  • 税別価格:3,000円  
  • 内容量:15k
  • 原材料:孟宗竹 pH:5.0 中国産


乳酸菌発酵竹粉(竹肥料) 「竹満作」

竹粉パウダーってなに?

  • 生竹を粉砕機などの特殊な機械にかけて繊維状に細かく粉砕したもの。
  • 竹粉(竹肥料)パウダーは硬いままの竹と違い繊維状で軟らかいので、微生物の食いつきが良く、糖分や珪酸・ミネラルを豊富に含んでいるため、それらをエサに乳酸菌や放線菌などの土着菌の活動が活発になります。
  • 土がまるごと発酵し、アミノ酸・酵素・ミネラルを豊富に含んだ土壌に生まれ変わります。
  • 一般的には「竹肥料」と呼ばれておりますが、実際にはチッソ・リン酸・カリの肥料成分は、肥料と呼べるほどは含有しておりません。

↓ クリックで拡大 ↓
竹粉パウダー

乳酸菌発酵竹粉(竹肥料) 「竹満作」の施用方法

ほうれん草栽培ハウス編

竹パウダー散布

 ハウスの左半分に竹パウダーを散布

竹パウダー散布後播種

 すき込んだ後、ほうれん草を播種(6月7日)

竹パウダーほうれん草

 収穫開始(7月23日)
 見た目はほとんど変わらないが・・・

竹パウダー使用ほうれん草

 竹満作 施用区
 硝酸イオン濃度:1,900ppm
 対照区と比較して硝酸イオン濃度が約1/4の数値に!
 乳酸菌の作用により、根の張りが良くなり、
 硝酸イオン濃度も下がった。

竹パウダー使用ほうれん草対照区

 竹満作 不施用区
 硝酸イオン濃度:7,100ppm

  • すき込む場合  50〜100k/10a
  • 部分施用の場合 株元の表面が隠れる程度施用。
  • 果樹の場合   樹冠の下に、幹から約1mの範囲は除いて敷き詰める。
  • 竹粉パウダー施用後、竹の初期の分解過程で一時的にチッソを消費しますが、上記の施用量では、チッソ飢餓が起こる心配はほとんどありません。
  • 灰ミネラル肥料・竹酢液との併用が出来ます。


商品の梱包と状態

  • 袋を開けると、多少湿り気があり、アルコールのような発酵臭(乳酸菌発酵課程)がすることがありますが、これが正規の状態です。
  • 袋表面にカビ状の付着物が発生することがありますが、内容製品には問題ありません。


ショッピングカートへ

Top / nature9

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional