食と農家の安全を考える 有限会社アース・ネット(森のめぐみ・竹のしずく・ネオジア・エンドファイト資材 販売)

サングリーン キトサン

特殊肥料 新拮抗菌CA308きせき


サングリーン キトサン 水溶性キトサン3%含有

  • サングリーン(キトサン) 20ℓ(液) 
    水溶性キトサン3%含有



サングリーン キトサン 水溶性キトサン3%含有

  • サングリーン(キトサン) 10ℓ(液) 
    水溶性キトサン3%含有

サングリーンは、水溶性キトサンを3%という高濃度で含有する農業用資材です。

  • 通常販売されている多くの水溶性キトサンは、1%の商品が多いです。
  • 純度が高く、添加物を加えていないため分解吸収が早いです。
  • CA308(特殊肥料)との相性は抜群です。

キトサンとは?

キトサンとは、多糖類の一種で、ポリ-β1→4-グルコサミンのこと。
直鎖型の多糖類でグルコサミンの 1,4-重合物で、分子量は数千から数十万に及ぶ高分子である。
甲殻類や昆虫、微生物などに含まれる繊維質のひとつとしても知られており、分子の中にアミノ基を持っているため、水溶化することによりプラスに荷電するというユニークな特長があります。


キトサンの農業利用

 キトサンを農業で使用する理由の第一は、キトサンを土壌に散布することで、土壌中にキチン質を戻してやることです。近代の農業は、農薬や土壌消毒剤の連用により、農地において昆虫や土壌中の微生物などが激減しており、それらに多く含まれるキチン質までもが損なわれています。それは、キトサンを餌にしている放線菌の繁殖を抑制します。
多くの放線菌は、土壌で連作障害を引き起こすフザリウム菌やセンチュウを餌にすると言われており、放線菌(善玉菌)が繁殖すると悪玉菌が減少するという拮抗作用があります。土壌中にキトサンを戻してやることで、放線菌の増殖を手助けします。

また、一定の濃度でキトサンを葉面散布することで、キトサンに含まれるキチン質を葉面が病原菌と勘違いをします。自己防衛能力が働き免疫活性になると、植物自身が身を守るシステムを強化します。
これは、植物の組織とキチン質が接触することによりファイトアレキシン等の生体防御蛋白質の分泌を促進します。これに伴いキチン質やグルカンなどを分解するためのキチナーゼやグルカナーゼという分解酵素を植物体内から分泌生成して、植物体自身が外敵から守るという仕組みを働かせます。
キトサンを散布することは、免疫活性という植物の自己防衛能力を活性化するきっかけになります。
※植物反応は、キトサンの濃度により成長促進と免疫活性どちらにも関与します。


  • サングリ-ンとCA308は、ショッピングカートでの販売をしていません。
    購入希望の方は、お手数ですが電話もしくはフォームからお問い合わせ下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional