食と農家の安全を考える 有限会社アース・ネット(森のめぐみ・竹のしずく・ネオジア・エンドファイト資材 販売)

展着剤

展着剤の特徴

一般的な展着剤(スプレッダー)

  • 散布液の表面張力を下げることで湿展性を改善し、濡れにくい作物や
    虫体への付着性を良くして防除効果を高める。
  • ぬれやすい作物では多すぎるとかえって付着量が減少して
    結果として防除効果も低下する。
    アグラー、グラミン、S-ハッテン、新リノー、ネオエステリン、クミテン他


機能性展着剤(アジュバント)

  • 作物・病害虫などの表面を「濡らす力」と「表面から内部への浸み込ます力」の
    両方を合わせもったもの。
  • 特に、肥料成分や水溶性の高いアセフェートなどの殺虫剤とこれらを混合散布すると、
    成分の作物体への浸透移行性が高まり、耐雨性や残効性の増強効果が認められている。
  • 欧米では、展着剤は総称してアジュバントと呼ばれるが、国内では、特殊な機能をもった
    展着剤をアジュバントと称して使われる場合が多い。
    ニーズ、アプローチBI、ミックスパワー、スカッシュ、サーファクタントWK他


固着性展着剤(スチッカー)

  • 作物などに付着した薬剤の固着性を高めて風雨による流亡を少なくし、薬剤の残効性を高める。
  • 主に果樹の樹幹などに保護用殺菌剤を散布する場合に使用されている。
    KK ステッカー、スプレースチッカー、ステッケル他


その他

  • イオン系農薬の専用展着剤や低起発泡性展着剤、起泡性展着剤(フォームスプレー用)、
    薬液蒸散防止用展着剤など特殊目的用展着剤などがある。


作物の濡れ程度と展着剤の加用程度

濡れの程度がよい作物(付着の難易)

  • みかん、りんご、もも、なし、かき、茶、とうもろこし、きゅうり、いんげんまめ、さつまいも など
  • 展着剤を加用する必要がない場合がある。カンキツなどは濡れが良くなりすぎ
    薬液がしたたり落ちやすくなる。


濡れの程度が普通の作物

  • ぶどう、トマト、なす、いちご、メロン など
  • 乳剤には濡れをよくする界面活性剤が入っているので、展着剤の加用は
    不要な場合が多い。


濡れの程度が悪い作物

  • 稲、麦類、だいず、ねぎ類、キャベツ、さといも など
  • 乳剤は少量の展着剤の加用で良好な濡れが確保される場合が多い。


主要展着剤の分類

展着剤名 湿展性 浸透性 分散性 可溶化力 固着性 懸垂性 分類
アドミックス ◯〜△ 一般農薬用
ベタリン-A
アルソープ30 プリグロックスL、レグロックス用
クサリノー プリグロックスL、レグロックス、雑草生育期処理除草剤用
クサリノー10
新グラミン 各種殺虫及び殺菌剤
フロスナイン ◯〜△ 各種殺虫及び殺菌剤
トクテン
ネオエステリン 各種農薬
グラミンS 各種殺虫及び殺菌剤
クミテン 一般農薬用
グラミン 各種殺虫及び殺菌剤
S-ハッテン
シンダイン
ダイン 一般農薬用
ダイコート 殺菌剤用
サントクテン40 殺菌剤用
サントクテン80 一般農薬用
プラテン80 殺虫及び殺菌剤(稲、野菜、果樹等)、MEP剤(ブドウ休眠期)、TPN剤(茶摘採直後)
サーファクタントWK 除草剤用
サプライ
ラビデン3S ◯〜◎ 一般農薬用(稲、麦類、野菜類、果樹、花き、芝、茶)
マイリノー ◯〜△ 各種殺虫及び殺菌剤
ハイテンパワー ◯〜◎
各種殺虫及び殺菌剤
パンガードKS-20 殺虫及び殺菌剤(麦類、雑穀類、野菜類、果樹類、豆類、イモ類、茶)
ニーズ ◯〜◎ 殺菌剤(稲、麦類、もも、茶)、殺虫及び殺菌剤(野菜類、りんご)、摘果剤(りんご)
スプレースチッカー


殺菌剤、NAC水和剤
スカッシュ 殺虫及び殺菌剤(野菜類、果樹類、花き類、豆類、イモ類、茶)、摘果剤(りんご)
アプローチBI 一般農薬用
アビオンE




殺虫及び殺菌剤(野菜類、果樹類、花き類・観葉植物、豆類、イモ類)、殺菌剤(芝)
ステッケル きゅうり、トマト:銅水和剤
りんご:ボルドー液、有機銅
こんにゃく:ボルドー液

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional